35歳の平均より痩せている男性が5キロ以上太るための方法

この記事を書いた人
【ペンネーム】人生で1度はデブと呼ばれてみたい
【プロフィール】若い頃から痩せており、周りからはひ弱に見えるキャラでした。
若い頃は「それでも良いのかな」とあまり気にしていなかったのですが、35歳を過ぎたあたりから「これではマズイ」と思い、太るための努力をすることにしました。
目標は最低5キロの増量でしたが、これに見事成功して最終的には7キロ増えました。その方法について紹介していきます。

 

35歳の時点で身長が約177センチ、体重は60キロを少し超えるぐらいでした。

BMI指数は約19でギリギリ普通体重ですが、適正体重よりは8キロ9キロ足りません。
見た目もだいぶひょろっとしており、男性でありながら華奢に見られることが多かったのは否定できませんでした。

そこで、一念発起し、体重を最低でも5キロ以上増やすことを決意したのです。
それでは、私が体重をどうやって増やしたのか、その方法を紹介していきましょう。

 

フライを中心に食事量を少しずつ増やしていくのが功を奏した

私が体重を増やすことに成功した1番の要因は、ご飯やフライを中心に食事量を「少しずつ」増やしたことです。

ポイントは少しずつで、一気に増やさなかったのが良かったです。
もしも一気に増やしていたら食べるのが苦しく感じられてしまい、途中でギブアップしていたでしょう。

まずカロリーが高そうなフライを、いつもの1品から2品へと増やしました。
これだけの変化でも、体重への影響は全然違いますね。

フライは体重増に欠かせない食べ物だと思いますよ。
あまり食べ過ぎると健康にはよくありませんのでそこはコントロールしないといけないですが、痩せ過ぎの人は少し増やすぐらいなら許容範囲内でしょう。

私は3食の中で食欲旺盛になりやすい夕食で、フライの量を増やすようにしました。
最初の内は食べるのが正直苦しかったのですが、食べることで胃が慣れていったように感じましたね。

最終的にはペロリと平らげることができるようになりましたよ。

 

白いご飯もなるべく多めに食べるよう努力

フライをそれなりに食べるようになったことにともない、白いご飯もなるべく多めに食べるよう努力しました。

それまでは茶碗に八分目ぐらいまでしかよそっていなかったのですが、増量を意識してからは茶碗いっぱいに盛るようにしたのです。
白いご飯は、おかずさえあれば何とか食べられますよね。

そこが体重を増やすには良いんじゃないかと思います。
あまり「食べるぞ」と意識しなくても多く食べられる、それなら自然に太ることも難しくはありません。

白いご飯が嫌いでさえなければ、どんどん食べることによって体重を増やしていけますね。

 

食後のデザートは高カロリーの洋菓子や和菓子を食べる

食後のデザートは、あえて高カロリーの洋菓子や和菓子を食べるように心がけました。

中でもカロリーが意外に高いと感じたのは、どら焼きですね。
1つでだいたい300kcalぐらいあるのが普通です。

エクレアやシュークリームやプリンよりも高カロリーなのですから、食べ続けていたら太るのも納得です。
私は幸いなことにあんこが好きなので、どら焼きを食後のデザートとして食べることにあまり抵抗はありませんでしたね。

さすがに毎日は無理でしたが、少なくとも1週間に1回は食べていました。
食後のデザートに高カロリーの洋菓子や和菓子を食べることが、体重を増やすためには良かったと思います。

 

自然な食欲を促すために適度なウォーキングを

ご飯を美味しくたくさん食べるためには、自然な食欲を促すのが1番良いと私は思っています。

そこで、痩せている時よりもよく運動をするようになりましたね。
運動といっても激しい運動をするのではなく、軽い運動でも全然構いません。

私の場合は大股の速いペースで歩くウォーキングです。
ジョギングよりかは遅いものの、結構なペースで歩きますから汗も出ますし疲れますよ。
このウォーキングを日常生活の中に取り入れることで、自然な食欲を促すようにしました。
この狙いはバッチリ思い通りで、食欲がしっかりとわいてきましたね。

無理に食べるのではなく、本能的な欲求によって食事ができたのは良かったです。

 

脂肪太りをなるべく防ぐために毎日の筋トレを忘れない

脂肪ではなく筋肉をつけた太り方をするのが理想的だったので、毎日の筋トレも忘れないように行っていました。

筋トレの内容は、腕立て伏せや腹筋などのいわゆる自重系の筋トレです。
回数は多くても20回いくかいかないかぐらいでしたが、それでも毎日継続して行うと違うものですね。

さすがに食事量を増やしているのでお腹も出てきてしまってはいたのですが、それでもあまり気にならない程度におさえられたと思います。
筋トレをしていたので、その分筋肉がついてくれて良い太り方ができました。

ただ食べるだけではなく筋トレも取り入れていたので、脂肪太りという感じではありませんでしたよ。

 

まとめ

フライや白いご飯を中心に食事量を少しずつ増やしたことにより、最終的に体重は67キロを少し超えるぐらいまで増えました。

始めた時は60キロぐらいだったのですから、7キロ増やすことに成功したわけです。
それまで2年ぐらいかかってしまいましたが、ゆるやかに増やせたので健康的にはそれで良かったはずです。

また、ウォーキングや筋トレを取り入れて脂肪太りさせないようにしたのも、しっかり工夫できた点でした。

痩せている男性が体重を増やすことは決して簡単ではありませんが、食事量を増やすことや運動で健康的に太ることは十分可能だと思います。